気温が違うと味付けも違います

中国料理の豊富な食材をチェックしてみよう

中国料理は、食材が豊富でさまざまな調理方法があります。
長い歴史の中で培われてきた洗練された奥深い世界を家庭の食卓で味わいたいですよね。
冷凍の点心が人気のようです。
現在人気の調味料のトウチラー油は、トウチの深みのある味や香ばしさでどんな料理にもあいます。
花椒辣醤、花椒など麻婆豆腐などに入れると本格的な味になります。
タイカレーは、様々な種類がありたくさんの香辛料や香草を使用し、ココナッツミルクで仕上げています。
自分で作ることも可能ですが、ペーストやレトルトでも購入することができます。
本場のカレーには、日本のお米ではなくタイで生産されている香りがよく細長い形が特徴のジャスミンライスを購入してはいかがでしょうか。
日本の厳しい基準をクリアしているので安全です。

香辛料一つで海外の味に

東南アジアの中では、特にインドネシア料理が人気です。
香辛料を聞かせた料理が多く、なかでも唐辛子や海老の発酵品などで作ったサンバルは、揚げ物や炒め物など幅広く使えます。
ミーゴレンヌードルを購入してミーゴレンペーストとサンバルで辛味を加えれば、本格的なミーゴレンに、お米で作ればナシゴレンを作ることができます。
米を食材としたフォーは、ベトナム料理の国民食です。
ほかの麺に比べて、糖質が1/3~1/4に抑えられていて具材には野菜を多く使われているのでダイエット中でも安心して食べることができます。
バジルや唐辛子、生姜や大葉などの薬味で食べるのが一般的で、特に相性のいいのが美容や健康に効果があるパクチーです。